シミウスの口コミ観察

 

あれ、痛い?!マッサージの時に痛みを感じる原因とは

 

さあ、いよいよシミのない美肌を目指してシミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージです。

 

…あれ?ちょっと痛い?そう、お顔のマッサージの時に痛いと感じることがあるのです。

 

せっかく張り切ってお手入れをしようとしているのに痛みがあっては気分が下がってっしまいますね。

 

それに何か肌が良くない状態なのかと不安もあるでしょう。

 

痛い時って、お肌になにが起こっているのでしょうか。

 

まず考えられるのは「顔凝り」です。

 

えっ、顔も凝るの?!とびっくりされるかもしれませんが、顔も凝るのです。

 

仕組みは肩凝りなどと同じく、血行が悪くて筋肉が硬くなってしまっていること。

 

押すと「痛気持ちいい」感じだったり、ちょっと硬く凝り固まったようなものを指先に感じたら「顔凝り」です。

 

長い間のデスクワークやスマホ、不規則な生活など、凝る原因は身に覚えがある人が大半なのでは?この場合は毎日優しくマッサージを続けてみてください。

 

力が強すぎるとシワやたるみやシワの原因となってしまうので、優しく滑るようにマッサージするのが重要です。

 

それによって少しづつですが凝りは改善されていきます。

 

だんだんお肌が温かくなって血行が良くなってくるのが実感できるかと思います。

 

すぐに凝りが解消というわけにはいきませんが、継続することで痛みも軽減されていきます。

 

そしてもう一つ、痛みの原因として考えられるのは「顔と指とが擦れて痛い」「マッサージの力を入れすぎている」という場合です。

 

これはこのまま続けているとお肌を傷めてしまいます。

 

もったいないからとジェルをケチって少ししか使わないと、肌と指の間に摩擦が起きて擦れてしまい痛みを感じます。

 

ジェルはマッサージの際、潤滑油の役割も果たしますので「お手入れガイド」を参考に適当な量を使うことが大切です。

 

乾燥肌が気になる人は通常より擦れることが多いので、少し多めのジェルを使うようにするとより安心です。

 

力加減に関しては「顔凝り」の時と同様ですが、優しく優しく、顔を包むようにマッサージしてみてください。

 

強い力になれていると物足りないと思うかもしれませんが、お肌はとてもデリケートだということを忘れずに。

 

さあ、痛みの原因はお分かりになりましたか?以上を踏まえたお手入れで、美肌に一歩近づきましょう。

 

 

マッサージって日焼けの時はしないのが無難

 

普段生活している中で、気をつけていても日焼けしてしまうことがあります。

 

そんな日は、シミウスジェルのマッサージは避けるべきなのでしょうか?暑い夏日の外出などで、紫外線を多く浴びて日焼けしてしまった日は、美白の効能がある化粧品などで色々ケアしようと考えると思います。

 

しかし、日焼けというものはやけどと同じで、ただ症状が軽いだけなのです。

 

やけどした肌には、毎日使用している化粧品ですら刺激になると考えられます。

 

日焼けの症状にもよりますが、日焼けした日はやけどをしたと考え、毎日使用している化粧品であっても使わない方がベストです。

 

肌の弱い私でも使用できるシミウスジェルは、それだけ肌に優しい成分なのですが、やけどに塗るものではありません。

 

日焼けはやけどの一種と考え、まず冷やすことが肝心です。

 

その後、十分に肌に優しい保湿成分を含んだ化粧品で保護することが重要となります。

 

以上のことからもわかるように、日焼けした日のマッサージは避けるようにしましょう。

 

普通に考えて軽いとはいえ、やけどと同じ症状なのにマッサージする人はいないと思いますが・・・日焼けが酷い場合、赤くなったりヒリヒリした痛みを伴うので日焼けした事を実感できます。

 

火照っている程度の軽い症状の場合、日にやけた事を実感しにくいのかも知れません。

 

ですが、「少し赤くなっている程度」であろうと日にやけた事は事実であり、確実に肌はダメージを受けています。

 

それらの事をふまえ、少しでもいつもと違った感覚があった時にはマッサージを控え、やけどとしてのケアを十分にすることで、肌トラブルを避けることができるのです。

 

 

 

シミウスには継続的なケアを

 

シミが消えて美白になったら嬉しくないでしょうか?中年以降のお肌悩みランキングの常連となるのがなかなか消えないシミ・・・。

 

お肌にシミがあると実年齢よりも5?10歳老けてみられることがあります。

 

最近は30代?に限らず、20代女性の悩みとしても挙げられるようです。

 

そんなややこしいシミを防ぐためには美白ケアが必要。

 

シミウスはただの美白化粧品ではありません。

 

そして高額な美容レーザーのようなもんでもありません。

 

実際に利用してのビフォーアフター画像などに見られるような継続的な使用でシミを徐々に消していき美白にしていくということは誰でも可能です。

 

シミウスはターンオーバーの正常化でシミを消していくことと、消えたシミが出てこないようにするための医薬品なのです。

 

また、シミウスの成分に含まれるプラセンタは、美白効果が期待できると言われる成分の一つですね。

 

ご存知の通り、プラセンタにはシミを薄くさせるといった効果があります。

 

そして、他社の美白ジェルと異なるのがマッサージ機能です。

 

肌を若返らせるのに非常に重要な役割を担っております。

 

このような成分や機能が含まれているシミウス。

 

継続利用していればシミが目立たなくなり、5歳ほど若返るのも夢ではありません。

 

利用者がシミが薄くなってきたかなと実感できるのは2?3週間と言われています。

 

たったの2?3週間継続するだけで、老けた肌をもう一度取り戻すことができるのは嬉しいことではないでしょうか?美しい肌をお持ちの方は、きっとこのような美白効果のある化粧品を何年も継続しているかと思います。

 

美肌は化粧品を使って、1?2日という短期間で簡単に手に入れられるものではありません。

 

肌も細胞分裂を繰り返して形成されるので、バランスの良い栄養摂取やマッサージで新陳代謝を活発にしてケアをしてあげないといけないのです

 

 

シミウスは開けてからどの位で使い切らないといけない?

 

今現在の薬事法では「開封していない状態で3年以上の品質が保持されている化粧品」については、製造年月日や使用期限も記載する必要はないと定められています。

 

それが、シミウスホワイトニングリフトケアジェルの箱や本体に使用期限が記載されていない理由です。

 

したがって、シミウスジェルの使用期限は「未開封で3年間」となります。

 

それでは、開封した場合の使用期限はどれぐらいでしょう。

 

それについては「アイテム別」に期限が違ってきます。

 

シミウスジェルのように直接肌に使用し浸透させるものは、6ヶ月以内なね使いきることが望ましいと考えられます。

 

未開封より開封したものの使用期限が短くなる事はご存知だと思いますが、そねな理由として「菌の繁殖」のリスクがあげられます。

 

シミウスジェルは、その「菌の繁殖」対策としてスパチュラを付属させて、直接手で触れることのないようにしていますが、それで100%菌を防げるわけではありません。

 

保管状況が悪ければ、品質が変わることもあり6ヶ月未満の使用期限となることもあり得ます。

 

これらを踏まえ、一度開封したら早めに使い切るようにし、高温多湿の場所や直射日光が当たらない場所へ保管することをお勧めします。

 

そうすることで、品質を保てることになります。

 

朝晩の毎日のマッサージで使用するので、1ヶ月で使いきることになっているシミウスジェルについては、問題はないようですが・・・

 

シミウスの使い始めのベタつきは肌の準備中サイン

 

シミ対策口コミでも評価の高い美白・美容ジェルのシミウスは、比較的ベタつきはないタイプの商品と言われていますが、人によってはベタつきを感じる方もいらっしゃると思います。

 

スキンケア商品の使い心地は天候や肌の調子によって変化します。

 

使い始めの頃にベタつきを感じる場合の理由として、肌がシミウスの有効成分を十分吸収できる状態になっていないことが考えられます。

 

シミの要因であるメラニンが蓄積したお肌は、新陳代謝が良い状態ではないため、うまく有効成分が肌に浸透せずべたつきを感じることがあります。

 

シミウスジェルでマッサージを行い肌の血行を良くし、新陳代謝の機能を改善することで、メラニンが排泄され有効成分の吸収力が高まります。

 

それによって、シミも薄くなっていきますし、ベタつきは徐々に解消していきます。

 

美肌にはストレスは厳禁です。

 

不安な方は、まず解約が簡単な定期コースで試してみてください。

 

使い心地と効果を実感して心配を解消してから、お肌ケアをゆっくり続けていきましょう。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ